【フレームワーク】SMART ~ 目標設定の質を高める

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
こばじゅんをフォローする
フレームワーク
スポンサーリンク

Executive Summary

  • フレームワーク 「SMART」でスマートに目標設定をする
  • SMARTを使うことで目標の解像度が上がる
  • 解像度が上がることで、達成度が上がるとともによりよいネクストアクションが生まれる

はじめに

こばじゅん
こばじゅん

こんにちは、コバログ運用者のこばじゅんです。
今回は目標設定 に関するテーマを取り扱います。

本ブログのコンセプトについては下記リンクからどうぞ

目標の質を上げる

後輩
後輩

こばじゅんさん、来季の部門目標を決める時期になったのですが、いまいち具体的な目標になっていないくて。。何かアドバイスあります?

こばじゅん
こばじゅん

例えばどんな目標?

後輩
後輩

例えば「SNSを始めて店舗・ブランドのファンを増やそう」みたいな感じですね。

こばじゅん
こばじゅん

なるほど。確かにざっくりしているね。
SMARTのフレームで考えてみたら?

後輩
後輩

SMART?

今回は目標設定におけるフレームワーク「SMART」に関するお話です。

SMARTとは

SMARTとは、質の高い目標を設定するためのフレームワークです。

個人や組織が目標を設定するためには、目標が具体的であり、達成に向けてすべきことが誰にでも伝わる形にする必要があります。

SMARTは次の5つの要素で目標を設定し、目標設定の質を高めます。

  • Specific: 具体的か
  • Measurable: 測定可能か
  • Achievable: 達成可能か
  • Result-based: 成果に基づいているか
  • Time-bound: 期限はあるか

定量的に明文化することで目標の解像度が上がる

さて、上記の「SMART」を使って、「SNSを始めて店舗のファンを増やす」という目標の質を一段上げてみましょう。

まずはSMARTフレームワークのポイントを確認します。

Specific
具体的か
設定している内容が具体的かどうか確認します。
目標を表現する言葉は、他の人が見てもわかる形になっているかがポイントです。
Measurable
測定可能か
目標の達成度や進捗を、定量的に計測できる状態にあるかを確認します。
定量化することで、共有・見える化・改善などのアクションが取れるようになるからです。
Achievable
達成可能か
実現可能かどうかを確認します。目標レベルは高すぎず低すぎず、ストレッチゾーンになるような少しだけ高いところに置くのがポイントです。
Result-based
成果に基づいているか
さらに上位の目標に紐づいているかを確認します。
その目標達成はもっと大きな目標や、組織全体の目標に貢献できているか、がポイントです。
Time-bound
期限はあるか
いつまでに目標を達成するのかを考えます。
期限や締め切りがない目標は設定されていないのと同様です。
必ず設定するようにしましょう。
SMARTフレームワークでのポイント

ポイントを確認したところで、次は先ほどの目標をこのフレームで目標を設定してみましょう

Specific 具体的か

店舗の公式SNS、TwitterやInstagramのフォロワーをファンと定義。

公式アカウント公開から、半年以内でフォロワー1万人を目指す。

Measurablec 測定可能か

公式アカウントのフォロワー及び、公式HPへの訪問数を指標とする。

公式HPに遷移後、店の商品の購入率も計測する。

Achivable 達成可能か

同規模の同業他社のフォロワー数は開設から1年で3万人いることからポテンシャルを踏まえると現実的。

達成の鍵であるSNSマーケティングにスキルを持ったチームづくりと、運用スタイルの確立に取り組む

Result-based 成果に基づいているか

公式アカウントのフォロワーを増やすことで、部門の売り上げ向上やブランディングアップに貢献することができる

Time-bound 期限はあるか

まずは1週間以内に公式アカウントを公開し、公式HPでアナウンス

その後、毎日情報を発信しながら半年以内にフォロワー1万人を獲得する

まとめ

「SMART」とは目標設定の質を高めるフレームワークであり、次の5つの観点で目標を確認します。

  • Specific: 具体的か
  • Measurable: 測定可能か
  • Achievable: 達成可能か
  • Result-based: 成果に基づいているか
  • Time-bound: 期限はあるか

これにより、より目標の解像度が上がるとともにその進捗状況の見える化、次の改善策を練る、などよりよいアクションに結びつくようになります。

皆さんも何か目標を立てるときは、まずこの目線で目標を眺めてみてください。

グッド・ライフ b

コメント

タイトルとURLをコピーしました